プーの東京のの字観光









2 東京観光最初のグルメは日比谷公園名物松本楼の10円カレー


二重橋を後にして大通りに向かうと、日比谷公園に出ます。



「三笠山だって。これがどら焼きの語源かな?」
「三笠山は三笠山でも奈良のだったかな。」
「どら焼き食べたくなってきた…。」
「朝ごはんまだだったよね。何かあると良いんだけど。」

日比谷公園には首掛けイチョウというパワースポットがあるので行ってみることにしました。

「これかな?なんかすごい人だね。」
「10円カレーって書いてる。」

アナウンスが流れてきました。松本楼は関東大震災や日比谷公園暴動事件で焼失したものの、再建できたことを感謝して、チャリティー10円カレーを続けているとのこと。10円カレーは秋の季語にもなっています。

「まだ大丈夫かな?並んでみようよ。」
「失業中だし1食10円は魅力だけど…。」

列に並ぶと整理券とパンフレットを貰いました。

「900番台だ。1500人って言ってたから10時に並べばまだまだ余裕みたいだね。」
「パンフレットに募金の平均額が書いてるよ。100円台が多いね。」

まだ暑い中、11時頃から入店が始まり、11時45分に入店することができました。

「10円以上って言ってるし、100円募金しよう。」
「私も…進路決まったら次はもっと募金しよう。」

店に入ると、缶の紅茶を貰い、空いている席に座りました。

「もう来た。」

わずか1分でカレーが目の前に。



「あっさりしてて美味しいね。いつかみさんぽでもチャリティーやれるようになったらいいな。」
「うん。頑張ろう。」